ブログ

2018年11月23日

内臓の不調によって有効な食材は変わる。

 

食材

 

 

 

先日のブログで内臓の疲れからで身体の表面に出る不調の症状をご紹介しましたが、

 

 

その不調によって有効な食材が異なりますがどの様なものを摂取すればよいかいまいちピンと来ませんよね^^;

 

まだご覧になられていない方は

身体に現れる症状でどこが疲れているのか読み解く

 

 

色なんかを意識すると覚えやすいので簡単にご紹介します。

 

●肝臓系によいものリスト(解毒・血の質)

1)※緑黄色野菜がよい。どれも色が濃い。
  にんじん、ほうれん草、パセリ、小松菜
  ブロッコリー。
  おまけ:あさり、ひじき、レバー、はまぐり

2)※酸味はプラス。
  酢のもの、レモン、梅干、柑橘類

3)※お酒のときは、枝豆、キャベツが◎



●心臓系によいものリスト(血流・気力)

1)※赤い食べ物が良い
  にんじん、小豆、トマト、紫蘇、
  いちご、いちじく、すいか

2)※苦味はプラス。
  魚のはらわた、春菊、緑茶など

3)負荷の軽い運動


●胃腸系によいものリスト(消化・血の量≒体力)

1)※黄色い食べ物が良い
  かぼちゃ、さつまいも、柿、みかん、
  トウモロコシ、大豆、バナナ

2)※適度で質のよい甘味はプラス
  はちみつ、黒糖、オリゴ糖
  💀白砂糖は負担!(市販のお菓子、菓子パンなど)

3)噛むことは胃腸の薬


●呼吸&大腸系によいものリスト(排泄・スタミナ効率)
 
1)※白い食べ物が良い
  大根、ジャガイモ、キャベツ、
  玉ねぎ、りんご、白ごま、なし

2)※辛みがプラス
  唐辛子、ねぎ、にんにく

3)新鮮な空気を胸いっぱい呼吸する
  ぜひ窓をあけて。


●腎臓系によいものリスト(排水・浄化・精力・生殖)

1)※黒い、またはヌメヌメしたものが良い
  黒豆、黒ゴマ、わかめ、ひじき、
  イカ、タコ、山芋、ゴボウ、昆布、ナマコ、牡蠣

2)※質の高い塩がプラス
  ナトリウム系はNG
  海の塩がよい。

 

 

身体がなんとなく調子悪かったりすると普段好きで食べていたものも、口にしたくないときってありますよね。

無意識的に身体が受け付けたくないという生理反応っていう説もありますが・・・・・

疲れているときに甘いものが食べたくなるっていうのも仕事や運動によって胃腸が要求してたり^^

 

この季節は1年の疲れもピークで寒さもピークを迎えるので体調を崩しやすい時期でもあります。

 

身体に合った食材をチョイスすると回復力もグーンと高まりますので参考にしていただければと思います。

 

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

2018年11月22日

身体に現れる症状でどこが疲れているのか読み解く

体質や生活にはタイプがあります。
内臓の疲れ方にも、5つのタイプがあります。

シンプルに、次のチェックリストの中で、
どのチェックが一番多いか。

それぞれ、特に重要なものだけです。
自分のタイプを見つける参考にしてください^^


●肝臓系の不調チェックリスト(解毒・血の質)

 □ お酒が残りやすい
 □ 痩せにくい
 □ 爪が白っぽい
 □ 寝付きが悪い
 □ 怒りっぽく、イライラしやすい

●心臓系の不調チェックリスト(血流・気力)

 □ 動悸・息切れ、胸の苦しい症状がある
 □ 胸やのどに締め付け感が出ることがある
 □ 爪の色が暗い
 □ 夢をよくみる
 □ 喜びに鈍くなっている(ドキドキしない)

●胃腸系の不調チェックリスト(消化・血の量≒体力)

 □ 胃もたれ、消化不良、食欲の乱れ(強すぎ or 弱すぎ)がある
 □ すぐおなかが張る・ポッコリする
 □ 顔色が黄色っぽい、吹き出物、口内炎などが多い
 □ 立ちくらみや疲れやすさを感じる(貧血傾向)
 □ 不安や悩み、心配ごとが多い(クヨクヨ系)

●呼吸&大腸系の不調チェックリスト(排泄・スタミナ効率)
 
 □ 鼻づまり、鼻水が多い
 □ 風邪が多い、のどが腫れやすい、咳や痰が多い
 □ 顔色が白っぽい、声が小さい、元気がない印象
 □ 便秘や下痢など、快便でないことが多い
 □ すぐ凹んで悲しくなる(メソメソ系)


●腎臓系の不調チェックリスト(排水・浄化・精力・生殖)

 □ 髪が細く弱い、抜け毛や白髪が多い
 □ むくみが強い、トイレが近い or 遠い(※1日5~7回が平均)
 □ 顔色が黒っぽい、目の下にクマがある
 □ 足腰が重だるい、精力や性欲が弱い
 □ 緊張しやすい(カチコチ系)

 

 

いかがでしたか?当てはまるものはありましたか?

複数該当するっていうこともありますが、チェック項目で多くあったものが特に疲れていて機能が低下している身体の大事なサインなので見逃さないように。

 

この季節特に多いのが腎臓です。

 

内臓の回復をはかるのに内臓によって食べたほうが良い食材も違います。

 

例えば腎機能回復に良い食材は

 

シジミ、イモ類、ゴマ、キャベツ、豆類、ほうれん草、ハト麦などです。

 

身体が疲れていたり、内臓の疲れが気になる方はお早めにご相談いただければと思います。

 

 

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

2018年11月20日

ひざ痛が良くなりました。

80代男性のお客様より貴重なご意見を頂きました。

 

膝が痛くなって10年以上が経ちますが、整形外科に毎週お世話になりながらも痛みはほとんど改善されないながらもずっと通い続けていましたが疑問に思うようになり、住まいの近くにできたみらいさんに行くことにしました。

 

今までは膝にたまった水を抜いたり、膝に注射したり、電気を当てたり、どれも効果が感じられず医師の言うように運動をしたり指示されたようにこなしましたが、良くなりませんでした。

 

一番辛いのが椅子から立ち上がるときと、歩行時でした。

 

昔はマラソンをやっていて足腰には自信はありましたが、来店時は500メートル歩くのに10分ほど休憩しないと歩ききることができなかったです。

 

みらいさんで指摘されたのは、膝の変形が起きているのと、腰、背中の筋肉がパンパンになっているとの事でした。

 

マラソンをやっていたおかげで足の筋肉はしっかりしているので、腰と背中に問題があるとのことでした。

 

膝に痛みがあったので腰も少し悪かったのですが、気が回っていなかったようです。

 

骨盤の調整と腰と背中の筋肉、膝の調整をしてもらいました。

 

3回ほどお世話になりましたが、椅子から立つときも歩行時もかなり楽になりました。

 

住まいの近くに出来ていたのはだいぶ前から知っていましたがもっと早く、お世話になればよかったと後悔してます。

 

今ではおかげさまでウォーキングをはじめられるようになりました。

 

 

 

ウォーキングが始められるまで回復して私もうれしい限りです^^整形外科などは写真の異常以外の箇所を指摘することは少ないようです。腰と背中が硬くなればそれだけ支える力が弱くなってしまい、その結果膝の負担が増えてしまうのが原因だったようです。膝にだけアプローチしても腰と背中が支える力を失えば、その負担が膝に来てしまうので改善が難しかったのかもしれませんね。

定期的に身体のケアを行っていけば今よりも身体は楽になりますし、もっともっと良くなっていくので時間があるときにメンテナンスしに来てください院長より

 

 

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

2018年11月13日

肥満の原因について

お客様の悩みの多くに体重が昔に比べて増加してしまい中々痩せられないと相談を受けることが多くあります。

 

骨格の歪みが生じると代謝が落ち30%ほど低下してしまうというデータもあります。

 

本来の7割しか消費できないとそれだけで体重の増加には繋がってしまいます。

 

肥満の原因は様々ありますが、今一度チェックしてみましょう^^

 

食事面では

炭水化物の取りすぎや菓子パンなどの糖質の取りすぎ、スナック菓子などです。スナック菓子はご飯並みにカロリーが高いものも多くあるので、摂取カロリーには注意が必要です。

 

摂取する食物も大事ですが食生活もとても大事です。

3食が基本ですが、食事を抜いたり暴飲暴食も肥満体質を作り出す要因です。

 

主食、主菜、副菜をバランス良くとるように心がけましょう。

 

 

続いては運動不足。

社会人になって運動する機会も少なくなり、仕事も忙しく疲れてしまって休みの日も体を動かさないという人も多いのではないでしょうか?

通勤は車、仕事はデスクワークなどの方は要注意です。

 

運動しないで間食やカロリーオーバーの食事などを続けていると肥満は加速します。

 

体重の増加が起これば体を動かすことが辛くなるので余計に体を動かさなくなる傾向があるようです。

 

まずは身体の無理のない程度にストレッチやバランスボールなど使って身体を慣らしていきましょう。

 

慣れてきたらウォーキングや、ジョギングなどに挑戦するのもお勧めです。

 

 

年齢によるもの

太りやすい年齢は男女共通して30~40代と言われています。

女性のケースだと女性ホルモンの減少と基礎代謝の低下、男性のケースだとストレスや運動不足、基礎代謝の低下が関係しているようです。

 

男女ともに30代を過ぎたら若い時のように暴飲暴食をすると代謝の低下が起きているので体重の増加に繋がってしまうようです。

 

 

人それぞれ個体差がありますので、同年代でも代謝の低下が緩やかな方は肥満になりにくかったり、ホルモンの減少やバランスによっても大きく変わります。

 

中には食事管理や有酸素運動をしているのにも関わらず体重が増加してしまうというケースもありますが、肥満遺伝子が関係している可能性があります。

 

 

自身の体質が太りやすいかどうかを自宅で簡単にできる遺伝子検査キットなどもあるので体質が気になる方は一度チェックするのもお勧めします。

 

 

 

 



リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

2018年10月28日

11月の営業のご案内

いつもリラクゼーションサロンみらいをご利用いただきありがとうございます。

 

今年も早いもので後2か月になりました。

 

11月ぽさを感じさせない日中は暑く、朝と夕方はとても冷え込みますので風邪やインフルエンザにかからないよう、しっかりと予防が大事ですね。

 

疲労が溜まっていたり、睡眠不足、体が冷えたりするとそれだけで発症のリスクは上がってしまうので、基本的な生活習慣はとても重要だったりもします。

 

 

 

 

 

 

11月の営業のご案内

 

11/3(文化の日) 11/23(勤労感謝の日)は祝日ですが通常の営業となります。

 

 

11月の定休日は毎週月曜日の11/5 11/12 11/19 11/26となります。

 

1年の疲れも溜まっている方も多いかと思います。施術希望の方はお早めにご連絡くださいませ。

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l