内臓

2020年08月25日

解毒システムを理解し治癒効果を高める

内臓治療において弱っている臓器にアプローチをする場合解毒システムがしっかりと機能しないと自然治癒力が多く働かない。

 

体内において有毒な物質も多く存在しているため解毒機能の最も大きい肝臓からアプローチするのが良い。

 

人によって老廃物や有毒物質の蓄積量も異なるため、体液循環を行った場合に不快な症状などが出るケースは稀である。

 

 

sulf_gedoku_3

 

 

 

身体の解毒システム4つとは?
皮膚

皮膚は、解毒システムの1つです。

 

重金属(有害ミネラル)や脂溶性毒素が汗として排泄される。

 

 

汗は毒素を排泄する重要な行為ということになり汗かきや汗の匂いが強い人は

毒素が多すぎる可能性が高い。

 

そして汗かきの要因として

毒素が多いことや

肝臓や腎臓が疲労している可能性が高い。

 

 

 

 

 

皮膚は3つ目の

 

腎臓

 

腎臓と皮膚は関連が深い。

 

 

2番目の解毒システムは

 

腸は、腸内細菌から出る毒素や

胆汁中に排泄された脂溶性毒素は

便を通して排泄されます。

 

便は解毒システムの中で重要な役割をしています。

便秘は解毒できていないということにもなりますね。

 

内臓調整で便を出せるシステムを作り上げることが重要になってきます。

 

 

3番目の解毒システムは
腎臓
腎臓では肝臓によって水溶性になった、

多くの毒物は尿を通して排出されます。

 

アルコールを飲むと尿が近くなるのも、

あれは身体が素早くアルコールを処理して

腎臓から解毒してくれている証拠です。

 

4番目の解毒システム
肝臓
肝臓は以下の方法で解毒を行う。

①血液の濾過

ここでは腸の細菌や免疫複合体が濾過されます。

 

②胆汁の排出

コレステロール、ホルモン、ヘモグロビン分解物、余剰カルシウムなどの毒素が胆汁へ排出されます。

 

③第1、2相解毒システム

薬物、食品、栄養素、環境物質、

有害ミネラル、アルコール、たばこなど

のあらゆる物質を段階的に中和していきます。

 

 

毒素は細胞レベルに悪影響を及ぼす物質です。

 

毒素には基本的に4種類あります。

①重金属

②化学的化合物

③微生物性化合物

④タンパク質代謝の分解物

 

 

経絡治療によって解毒システムの向上はできるものの、根本的な治療を目指すのであれば生活習慣の見直しも必要となってきます。

 

 

参考文献

オールアプローチ協会

心と体の解毒地図

毒素をためると病気になる 排毒・解毒で病気は治る

 

 

 

 

 

 

 

 
 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

地図はこちらから
http://urx.blue/NSMI

2020年08月11日

自然治癒=放置ではありません

IMG00146_HDR

 

 

 

 

連日猛暑が続いており健康な人でも体調を崩しやすい過ごしにくい日々が続いていますね。夏バテや大量崩しておりませんか?

 

身体の不調や病気を治すのは自然治癒力によるものですが自然治癒力=放置というのは誤認です。

 

自然治癒力を高めた状態で不調や病気を治すが正解です。

 

 

 

 

 

自然治癒力を高める要素は色々な物がありますが、大きいものとして血流です。

 

血行不良が起きれば当然細胞は栄養や酸素を受け取れないのでへなちょこで弱いです(笑)

 

それが続けば身体は危機感を覚え血圧を高め何としてでも届けようとします。その結果心臓にも負担は多くかかります。

 

老廃物の処理速度も遅れれば体中毒素やゴミが増えます。(腎臓系)

 

毒素の無毒化が出来ず、処理しきれないものは他の組織にも流れるし翌日への影響。(肝臓系)

 

消化吸収能力が落ちれば血肉に変えられません、腸内環境が悪くなって免疫力の低下。(消化器系)などこの様な状態は果たして自然治癒力高いと言えますかね?

 

 

素人でも何となく不健康そうだな~^^;って感じはしますよね。。。。。

 

でもこの悪そうなやつの逆に身体を導いてあげることが出来れば健康体って事になるんですよね♪

 

何となくわかっていてもめんどくさくて、自分の都合の良いに見て見ぬふりをして蓋をしがちです(笑)

 

なので改めて見返してみると、ああ~・・・・・悪い事結構取り入れてしまっていた。って事も多いのです。

 

 

今月のブログは自然治癒、コロナウィルス感染症、夏の過ごし方など中心に配信できればと思います。

 

お店の手書きのホワイトボードに健康指標もご用意しました^^1週間ほど載せておくと思いますのでご来店の際チェックしてみてください。

 

 

IMG00145

 

少し画像だと見にくいですかね^^;;

 

 

 

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

地図はこちらから
http://urx.blue/NSMI

2019年09月06日

夏バテしない身体作り

去年も今年も暑い日が続き40度に迫る勢いですね!

 

9月になっても夏日が続き体調を崩されていないでしょうか?

 

夏に身体が傷つく事って沢山あると思います。

 

エアコンによる身体の冷やしすぎ、冷たいものを取りすぎ、気温と湿度による体温の上昇、寝苦しさからくる睡眠不足、睡眠の質の低下など。

 

人の身体はその環境に常に身体の調子を合わそうと微調整しています。

 

体温は低すぎても高すぎても調子が悪くなるのは皆さんご存じかと思います。

 

身体に熱がこもれば発汗を促し体温を下げ、また体温の低下が起これば熱を生み出そうと身体は対応しています。

 

わたしは今年もエアコンを使わずに乗り切ることができました^^そして夏バテもしていません

 

 

エアコンを使うと自身での体温調節する機会が減るために急激な温度の変化についていけずに体調も崩しますよね!

 

夏バテの代表的な症状である“食欲がなくなる”、“カラダが重だるい・全身の倦怠感”、“ヤル気が出ない・無気力”、“下痢・便秘”などは、「胃腸の弱り」からくる関連症状。

 

胃腸はカラダを支える、元気の要です。疲れると食欲がなくなるように胃腸が弱くなります。実は逆もしかり。

 

胃腸が弱くなるとカラダはとても疲れやすくなり、元気も出にくくなると考えられます。その一番の理由は、胃腸が「カラダを動かすエネルギーを作り出す製造工場」だから。

 

元気なカラダを維持するためには胃腸の健康が欠かせません。

 

胃腸が健康に働くと、エネルギーがしっかり製造され、カラダは元気に動き、ヤル気もみなぎります。

 

しかし、胃腸が弱った状態ではエネルギーが作れず、元気もヤル気も出せなくなります。また疲れを解消するためのエネルギーも不足し、疲れがなかなか取れず、だるさを感じるようになるのです。

 

去年と今年は胃腸の疲れの方がかなり目立ちました

 

内臓は冷やしすぎると働きは弱くなります。

 

足裏を少し刺激してあげると胃腸の回復も早くなります。

 

少しだけしか押してないけど痛みが強く出る方はかなりお疲れの状態です。

 

publicdomainq-0026693pef

 

 

夏バテに限らず常に身体の微調整で身体の調子を崩さないことが健康的で丈夫な身体と言えるでしょう。

 

先日も言いましたが年齢は関係ありませんので、健康で長生きを目標に少しずつ良い習慣を取り入れて行きましょう^^

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

地図はこちらから
http://urx.blue/NSMI

2019年08月06日

熱中症の豆知識 腎機能低下と熱による筋肉組織の破壊

連日暑い日が続き毎日救急車が通るのを目にします。

 

 

 

 

 

JKpocaris_TP_V

 

 

 

知っておきたい豆知識

 

熱で筋肉組織の破壊が起こる

 

熱中症、特に意識障害などを伴う重度の熱射病の予防の基本対策の一つは、「高温下での重作業や運動は控える」といわれている。

しかし、夏場だからといって屋外や温度管理がされていない建物での重作業をやめられない場合も少なくない。

最も重症の熱射病になれば、体温の40度以上への上昇、意識障害、脱水状態などの症状を引き起こす。

さらに重度になると内臓障害血液凝固の異常も伴うという。

 

このような状態になれば、水分の補給や冷暗所での休息だけでは回復せず、中等度以上の熱中症では医療機関での治療が必要になるという。

臓器障害の原因となるのが、「熱による筋肉組織の崩壊(細胞死)と死んだ細胞から逸脱する組織障害物質」で、ミオグロビンという筋肉特有のタンパク質が腎不全の原因となる。

 

 

「筋肉の破壊が少ない場合は、時間をかければ腎機能は回復するが、一度に大量の筋肉が破壊されれば急性の腎不全に至ってしまうこともある」。

さらに盛夏の時期にスポーツや重作業を繰り返していれば、このプロセスが反復されることで慢性の腎不全に至る可能性が、スリランカなどの農場労働者を対象にした研究で指摘されたという。

 

野球や重労働は危険

 

腎機能の低下が起きているかどうかを判断するのに重要になるのが尿の量と色。熱中症になると排尿量が減少し、色が濃くなることは知られているが、

紅茶のような色になって水分を補給しても薄くならない場合は、腎機能に問題が生じている可能性がある。一度、医療機関を受診する方が良いでしょう。

 

 

中でも運動強度が高く、競技時間の長い野球やトライアスロンのようなスポーツ、炎天下における溶接などの重作業では急激に熱射病まで症状が進行する。

時間や場所などが分からなくなる「見当識障害」と呼ばれる意識障害と同時に、急激に筋肉組織が崩壊する「横紋筋(おうもんきん)融解」という症状が起きる危険性がある。

「こうなると、点滴など輸液による水分補給や体を冷却することによる体温制御といった対症療法だけでは対応しきれない。

ミオグロビンが短時間に大量に放出され、多臓器不全を引き起こしてしまうこともある。しかし、どの患者が重症かどうかを現場で判断するのは難しい

 

参考文献

時事メディカル

 

 

 

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

地図はこちらから
http://urx.blue/NSMI

2016年01月28日

胃粘液の働きについて

先日、胃腸炎についてお話をしました。

 

前回記事、胃腸炎の原因と背景その症状

 

胃腸炎にならなくても胃の不調や心配をしている方はかなりの割合を占めます。

 

実際に胃の裏側が硬くなっていたり、足裏の施術の際、胃の反射区を痛がる方は多いのですが原因は人によって様々です。

 

ストレスをはじめ、食事の時間が不規則だったり、栄養過多、飲酒や喫煙、早食いなど。

 

胃のトラブルの多くは胃粘膜に原因が考えられますが今回は胃粘膜についてです。

 

胃粘液は、胃を守るバリアーの役割をはじめ、胃の健康に必要なさまざまな機能をもっています。
粘液は、胃粘膜の表面にある「表層粘液細胞」と胃の表面にある無数の穴の底に開口している胃腺に分布する「腺粘液細胞」で産生・分泌されます。
それぞれの細胞では、2つの異なった性質の胃粘液をつくり、分泌された粘液は交互に重なり合って胃粘液層をつくりあげます。
胃粘液層には、酸を中和したり、ペプシンを不活性化したり、いろいろな働きがあり、物理的・化学的なバリアーとしてなくてはならない存在です。

pic-barrier-01-03

 

 

胃粘液の働きと胃粘液分泌に影響を与えるもの

 

食物は、口内で咀嚼され、ある程度の大きさの食塊となって胃内に移動します。胃は食物をなお細かく破砕し、それらを一時的に貯える貯蔵庫の役割をはたしています。すなわち、食塊は蠕動運動で胃液と十分混ぜ合わされて消化・分解され、どろどろした粥状にかたちを変えてチューブから絞り出されるように少量ずつ時間をかけて十二指腸へと送り出されます。胃の粘膜から分泌される胃液には胃酸、蛋白質を分解する酵素のペプシン、粘液が含まれています。胃酸はpH1~2の強い酸性を示し、外部から食物などと一緒に取り込まれた細菌の殺菌や腐敗防止にあたります。胃での消化・分解はペプシン、胃酸により行なわれますが、十二指腸以降の本格的な消化・吸収を行なうための予備的な準備段階。

 

粘液は胃のすべての場所でつくられ、粘膜表面を覆って潤滑性を保ち、摂取した食物との接触によって起こる粘膜の損傷を防いでいます。一方では、食物を包み込んで混和し、蠕動運動を助けて食塊の移動を容易にして胃の消化作用に大いに寄与しています。

 

胃のなかでつくられる胃酸は、手につけば炎症反応を起こしてヒリヒリと痛み、表皮がはげたりするほどの強い酸ですから、胃液を取り出してその中に肉片をいれると溶けてしまいます。健康な胃では、粘液が胃を守るバリアーとして働き、強酸による障害は生じません。実際に、胃粘膜表面を覆っている薄い粘液ベール(粘液層)をはがし、粘膜を酸と接触させると出血障害が起こり、確かに粘液ベールは表層粘膜のバリアーとして機能している。

 

胃粘液層を構成している物質の90%以上は水分で、粘液を特徴づける物質は特殊な構造をもつ粘液糖蛋白質で5~10%を占めます。そのほか、脂質、酵素などさまざまな物質を含んでいます。

胃粘液は、各種の刺激や生理的変化に対していち早く反応を示します。

例えば30%以上のアルコール摂取アスピリンなどの鎮痛剤の投薬で胃粘液量は減少し、粘膜に障害がおこります。その他ストレス、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染や生理的な変化として加齢があげられます。

これらの要因による粘液の変化は量的な減少に加えて質的な変化も認められ、バリアーとしての防御機能も低下します。

 

傷んだ胃粘膜の修復には粘液が重要な働きをしますが、特定の薬剤は粘液量や粘液産生を積極的に増加させ、胃粘膜防御作用に影響を与えると考えられています。

引用元 胃のサイエンス

 

 

胃を本来の状態に戻すには胃の粘膜の修復が大きく関わっているようです。

胃粘膜異常や回復方法については後日、ご紹介する予定です。

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221

 

千葉県市原市馬立1686-1
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l