夏バテしない身体作り

去年も今年も暑い日が続き40度に迫る勢いですね!

 

9月になっても夏日が続き体調を崩されていないでしょうか?

 

夏に身体が傷つく事って沢山あると思います。

 

エアコンによる身体の冷やしすぎ、冷たいものを取りすぎ、気温と湿度による体温の上昇、寝苦しさからくる睡眠不足、睡眠の質の低下など。

 

人の身体はその環境に常に身体の調子を合わそうと微調整しています。

 

体温は低すぎても高すぎても調子が悪くなるのは皆さんご存じかと思います。

 

身体に熱がこもれば発汗を促し体温を下げ、また体温の低下が起これば熱を生み出そうと身体は対応しています。

 

わたしは今年もエアコンを使わずに乗り切ることができました^^そして夏バテもしていません

 

 

エアコンを使うと自身での体温調節する機会が減るために急激な温度の変化についていけずに体調も崩しますよね!

 

夏バテの代表的な症状である“食欲がなくなる”、“カラダが重だるい・全身の倦怠感”、“ヤル気が出ない・無気力”、“下痢・便秘”などは、「胃腸の弱り」からくる関連症状。

 

胃腸はカラダを支える、元気の要です。疲れると食欲がなくなるように胃腸が弱くなります。実は逆もしかり。

 

胃腸が弱くなるとカラダはとても疲れやすくなり、元気も出にくくなると考えられます。その一番の理由は、胃腸が「カラダを動かすエネルギーを作り出す製造工場」だから。

 

元気なカラダを維持するためには胃腸の健康が欠かせません。

 

胃腸が健康に働くと、エネルギーがしっかり製造され、カラダは元気に動き、ヤル気もみなぎります。

 

しかし、胃腸が弱った状態ではエネルギーが作れず、元気もヤル気も出せなくなります。また疲れを解消するためのエネルギーも不足し、疲れがなかなか取れず、だるさを感じるようになるのです。

 

去年と今年は胃腸の疲れの方がかなり目立ちました

 

内臓は冷やしすぎると働きは弱くなります。

 

足裏を少し刺激してあげると胃腸の回復も早くなります。

 

少しだけしか押してないけど痛みが強く出る方はかなりお疲れの状態です。

 

publicdomainq-0026693pef

 

 

夏バテに限らず常に身体の微調整で身体の調子を崩さないことが健康的で丈夫な身体と言えるでしょう。

 

先日も言いましたが年齢は関係ありませんので、健康で長生きを目標に少しずつ良い習慣を取り入れて行きましょう^^

 

リラクゼーションサロン みらい

住所 〒290-0221
千葉県市原市馬立1592-4
TEL 090-3311-5505
診療時間 10:00~18:30
お休み 月曜・祝日

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Ounp3l

地図はこちらから
http://urx.blue/NSMI